-心筋梗塞

2009年7月アーカイブ

心筋梗塞の予防

| コメント(0) | トラックバック(0)

心筋梗塞は、危険要因が複合的に絡むことで誘発されるよ疾病ですから、予防するには危険要因を特定して正しい対処を行うことが大切です。

心筋梗塞の影響を与えて発症を加速するのは、塩分・糖分・脂肪分が多くて栄養の偏った食事と運動不足にあり、予防の具体的な方法は、これらを改善してトラブルの少ない規則的な生活を心掛ける事です。また、高血圧・糖尿病・高脂血症の早期発見に努め、強い胸の痛みを感じたら、速やかに救急車を呼ぶのも必要な事柄でしょう。

心筋梗塞の予防には、ストレス対策も重要で、趣味や娯楽を楽しみ、時にはショッピングなどでストレス発散する事はお勧めです。

禁煙も大きな関係がありますし、心筋梗塞の予防には体への負担を考え、肥満には注意します。心筋梗塞は摂生によって予防が可能になりますから、ダイエットにも気を配りましょう。

心筋梗塞になる人は、よく車や電車を利用する方が多いとされており、予防には適度に体を動かす事も有効です。また、心筋梗塞は、糖尿病や動脈硬化、高血圧に注意しなければならず、様々な危険要因が複合的に影響を与えるために、糖尿病や動脈硬化は心筋梗塞のリスクを強めてしまいます。

食事も心筋梗塞を防ぐには大切な部分です。糖尿病は動脈硬化の症状を悪化させますから、栄養バランスの良い食事を摂り、ウォーキングや散歩などの有酸素運度を行うようにして、心筋梗塞の予防を心がけましょう。

心筋梗塞の検査

| コメント(0) | トラックバック(0)

心臓カテーテル検査は、心臓CT検査のように、心臓病の専門病院の一部で対応が可能になってきています。ただし、心筋梗塞の診断には、心臓カテーテル検査は絶対必要な検査とはされていません。

心筋梗塞などの心臓病は、心臓CT検査や心臓MRI検査といった最新鋭の検査方法でなくとも、他の検査方法で診断する事が出来ます。心必要最小限の検査である心電図や血液検査などを行って、心筋梗塞や狭心症の可能性が明らかになったら、最終的な判断をカテーテル検査で下す流れになるでしょう。

心臓MRI検査は、CT検査と同じように円筒型の撮影装置に入り、心臓を撮影する事で監査する方法です。心筋梗塞の心臓の大きさや形状、肺や骨、血管の状態を確認するCT検査との違いは、CT検査は放射線を利用しますが、心臓MRI検査は磁気を使って撮影します。放射線を照射して撮影するCT検査よりも、放射線をあびる量が抑えられ、心臓が心筋梗塞の状態になった場合にも領域を特定すること可能ですから、診断や治療など有効性は広いとされます。

心臓MRI検査装置は体にも何の害もありません。ただ、ペースメーカーなどの、金属製の医療機具を体内に埋め込んだ人には使用は出来ず、高血圧である場合と同様に、必ず申告しておきましょう。

 

 京都で食事するならココ1  京都のお勧め観光スポット  北海道のホテルの口コミ

心筋梗塞の初期の自覚症状には、どのようなものがあるのでしょうか。胸がしめつけられるような感覚を感じる人は多く、胸が焼けつく感じもよく聞く症状です。
首が回らないほどの肩こりも、心筋梗塞に多い自覚症状とされます。

心筋梗塞のときの体験談に、鼻がつまる感じがしたという人もいて、他にもゲップが出たり、背中がこる場合もあり、心筋梗塞の自覚症状としていずれにも注意が必要です。
心筋梗塞が起きると、狭心症の発作よりも痛みが強いとされ、30分以上続く場合が見られるようです。

心臓部に激しい痛みや、まるで火が燃えているかのような胸の熱い感覚、押しつぶされるような圧迫感があるのならば、心筋梗塞の発作だとみてほぼ間違いはありません。

また、引き裂かれかのよう痛みを覚える人もいれば、窒息するような感じを持つ人もいて、発熱や発汗といった第三者からも分かる症状が現れる場合も出てきます。
これらの症状がどうやっても痛みが30分以上変わらず、胸の強い圧迫感があり、冷や汗もあるとしたら、心筋梗塞の可能性は非常に高いでしょう。

ただし、心筋梗塞には、自覚症状がない人もいます。その場合でも、胃の当たりがスッキリしなかったり、シャックリが続くという症状があるとされ、もし、疑わしいようなら医師の診察を必ず受けましょう。普段から健康管理に注意し、心筋梗塞の可能性はないかどうか、ちょっとした体調変化にも気を配る事が大切です。

 

 京都のホテルの口コミ  京都旅行  京都旅行の注意点  京都のお勧めホテル

心筋梗塞の原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

心筋梗塞は、分類上、発症から3日以内のものを急性心筋梗塞、30日以内のものを亜急性心筋梗塞 、30日以上のものを陳旧性心筋梗塞と分けて呼ばれています。

心筋梗塞が発症する原因は、動脈の内側が徐々に膨らんで隆起物を生じ、時間を経過と共に隆起物が血流を悪化するほどに大きくなるケースが多く見られるようです。

隆起物が突然破れて血管内で出血した血液が固まり(血栓)、動脈の内側を塞いだ為、心筋梗塞を起こして命の危険に晒される事もあります。

更に血栓が細い動脈に詰まって血流が悪化してしまい、臓器に必要な酸素や栄養成分の供給が止まることで、心筋梗塞を起こすこともあります。

なお、心臓で発生すると心筋梗塞、脳での発生を脳梗塞と呼んでいます。ただし、心臓の場合は、血流が完全に停留していない場合を狭心症というため、心筋梗塞と狭心症の両方は、虚血性心疾患という病名で総称する場合もあります。

心臓は脳と同じく、人体で最も酸素を消費する臓器であり、冠状動脈に動脈硬化を起こすと、狭窄や閉塞が起こって、大きなダメージを与える狭心症や心筋梗塞を引き起こします。
また、心筋梗塞は高血圧状態の継続で発症しやすくなり、血圧チェックは毎日欠かさないようにすると良いでしょう。

 

 お悔やみの電報(弔電)  結婚式の電報  電報について  卒業旅行
カテゴリー
更新履歴
心筋梗塞の予防(2009年7月22日)
心筋梗塞の検査(2009年7月22日)
心筋梗塞の自覚症状(2009年7月22日)
心筋梗塞の原因(2009年7月22日)
カテゴリー
更新履歴
心筋梗塞の予防(2009年7月22日)
心筋梗塞の検査(2009年7月22日)
心筋梗塞の自覚症状(2009年7月22日)
心筋梗塞の原因(2009年7月22日)