Top > 心筋梗塞の自覚症状

心筋梗塞の自覚症状

心筋梗塞の初期の自覚症状には、どのようなものがあるのでしょうか。胸がしめつけられるような感覚を感じる人は多く、胸が焼けつく感じもよく聞く症状です。
首が回らないほどの肩こりも、心筋梗塞に多い自覚症状とされます。

心筋梗塞のときの体験談に、鼻がつまる感じがしたという人もいて、他にもゲップが出たり、背中がこる場合もあり、心筋梗塞の自覚症状としていずれにも注意が必要です。
心筋梗塞が起きると、狭心症の発作よりも痛みが強いとされ、30分以上続く場合が見られるようです。

心臓部に激しい痛みや、まるで火が燃えているかのような胸の熱い感覚、押しつぶされるような圧迫感があるのならば、心筋梗塞の発作だとみてほぼ間違いはありません。

また、引き裂かれかのよう痛みを覚える人もいれば、窒息するような感じを持つ人もいて、発熱や発汗といった第三者からも分かる症状が現れる場合も出てきます。
これらの症状がどうやっても痛みが30分以上変わらず、胸の強い圧迫感があり、冷や汗もあるとしたら、心筋梗塞の可能性は非常に高いでしょう。

ただし、心筋梗塞には、自覚症状がない人もいます。その場合でも、胃の当たりがスッキリしなかったり、シャックリが続くという症状があるとされ、もし、疑わしいようなら医師の診察を必ず受けましょう。普段から健康管理に注意し、心筋梗塞の可能性はないかどうか、ちょっとした体調変化にも気を配る事が大切です。

 

 京都のホテルの口コミ  京都旅行  京都旅行の注意点  京都のお勧めホテル
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
心筋梗塞の予防(2009年7月22日)
心筋梗塞の検査(2009年7月22日)
心筋梗塞の自覚症状(2009年7月22日)
心筋梗塞の原因(2009年7月22日)