Top > 心筋梗塞の検査

心筋梗塞の検査

心臓カテーテル検査は、心臓CT検査のように、心臓病の専門病院の一部で対応が可能になってきています。ただし、心筋梗塞の診断には、心臓カテーテル検査は絶対必要な検査とはされていません。

心筋梗塞などの心臓病は、心臓CT検査や心臓MRI検査といった最新鋭の検査方法でなくとも、他の検査方法で診断する事が出来ます。心必要最小限の検査である心電図や血液検査などを行って、心筋梗塞や狭心症の可能性が明らかになったら、最終的な判断をカテーテル検査で下す流れになるでしょう。

心臓MRI検査は、CT検査と同じように円筒型の撮影装置に入り、心臓を撮影する事で監査する方法です。心筋梗塞の心臓の大きさや形状、肺や骨、血管の状態を確認するCT検査との違いは、CT検査は放射線を利用しますが、心臓MRI検査は磁気を使って撮影します。放射線を照射して撮影するCT検査よりも、放射線をあびる量が抑えられ、心臓が心筋梗塞の状態になった場合にも領域を特定すること可能ですから、診断や治療など有効性は広いとされます。

心臓MRI検査装置は体にも何の害もありません。ただ、ペースメーカーなどの、金属製の医療機具を体内に埋め込んだ人には使用は出来ず、高血圧である場合と同様に、必ず申告しておきましょう。

 

 京都で食事するならココ1  京都のお勧め観光スポット  北海道のホテルの口コミ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
心筋梗塞の予防(2009年7月22日)
心筋梗塞の検査(2009年7月22日)
心筋梗塞の自覚症状(2009年7月22日)
心筋梗塞の原因(2009年7月22日)