Top > 心筋梗塞の原因

心筋梗塞の原因

心筋梗塞は、分類上、発症から3日以内のものを急性心筋梗塞、30日以内のものを亜急性心筋梗塞 、30日以上のものを陳旧性心筋梗塞と分けて呼ばれています。

心筋梗塞が発症する原因は、動脈の内側が徐々に膨らんで隆起物を生じ、時間を経過と共に隆起物が血流を悪化するほどに大きくなるケースが多く見られるようです。

隆起物が突然破れて血管内で出血した血液が固まり(血栓)、動脈の内側を塞いだ為、心筋梗塞を起こして命の危険に晒される事もあります。

更に血栓が細い動脈に詰まって血流が悪化してしまい、臓器に必要な酸素や栄養成分の供給が止まることで、心筋梗塞を起こすこともあります。

なお、心臓で発生すると心筋梗塞、脳での発生を脳梗塞と呼んでいます。ただし、心臓の場合は、血流が完全に停留していない場合を狭心症というため、心筋梗塞と狭心症の両方は、虚血性心疾患という病名で総称する場合もあります。

心臓は脳と同じく、人体で最も酸素を消費する臓器であり、冠状動脈に動脈硬化を起こすと、狭窄や閉塞が起こって、大きなダメージを与える狭心症や心筋梗塞を引き起こします。
また、心筋梗塞は高血圧状態の継続で発症しやすくなり、血圧チェックは毎日欠かさないようにすると良いでしょう。

 

 お悔やみの電報(弔電)  結婚式の電報  電報について  卒業旅行
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
心筋梗塞の予防(2009年7月22日)
心筋梗塞の検査(2009年7月22日)
心筋梗塞の自覚症状(2009年7月22日)
心筋梗塞の原因(2009年7月22日)